スマートフォン用の表示で見る

矢作俊彦

読書

矢作俊彦

やはぎとしひこ

作家。元ハードボイルド小説家ハードボイルド作家というよりは、ハードボイルドを愛する作家といってよいかもしれない

1950年神奈川県横浜市生まれ。

東京教育大学附属駒場高卒。高校在学中から様々な余技余業で活躍、1968年漫画家ダディ・グースとしてデビューする。

23歳のとき「ミステリマガジン」に『抱きしめたい』を発表して作家デビュー。77年には初の長編『マイクハマーへ伝言』を刊行。以後、さまざまな分野で独自の境地を切り開く。

小説の他にも、大友克洋との合作コミック『気分はもう戦争』(81年)、日活アクションのアンソロジー『アゲイン』(84年)、劇映画監督作『ギャンブラー』(92年)などが話題を呼んだ。

近年、全共闘世代の今を描いた小説『スズキさんの休息と遍歴』(90年)、畢生の代表作ともいうべき大長編『あ・じゃ・ぱん』(97年)と刊行され、日本文学の最前衛に立っている。

2004年、「ららら科學の子」で第17回三島由紀夫賞受賞。


主な作品:

  マイク・ハマーへ伝言(初の長編小説)

  神様のピンチヒッター

  ブロードウェイの戦車(司城志朗との合作)

  海からきたサムライ(司城志朗との合作)

  スズキさんの休息と遍歴;

    またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行

著作一覧