矢代まさこ

マンガ

矢代まさこ

やしろまさこ

少女漫画家

一時(1975〜80ごろ)睦月とみペンネームでも執筆。夫は、貸本劇画家の山本まさはる氏。

略歴

1947年愛媛県生まれ。鉄腕アトムにショックを受け、水野英子に熱中し、新城さち子?に傾倒し漫画を描くようになる。

1962年昭和37年)デビュー。10代のころから貸本少女漫画に描きはじめ、なかでも「洋子」「容子」など、さまざまな漢字の「ようこ」が主人公の「ようこシリーズ」(若木書房)が好評を博する。

1965〜75年ごろ、手塚治虫が創刊した実験的漫画雑誌『COM』(虫プロ商事)に多く作品を発表。当時の漫画マニア、漫画青年?と呼ばれた人たちに熱狂的な支持を受ける。また1968年には少年誌に進出。少年マガジンに作品が掲載される。女性漫画家としては始めての出来事であった。

1975〜80ごろ、睦月とみペンネームでも執筆。『リリカ』に「蝶々シリーズ」という連作を残す。

代表作

主要単行本

リスト::漫画家