スマートフォン用の表示で見る

矢追純一

サイエンス

矢追純一

やおいじゅんいち

UFOといえば、この人。

1970〜80年代に、日本テレビの名物ディレクターとして、超能力・未知の生物・UFO等のオカルトネタを扱った特番を量産した。

ただし本人は別にUFOなどを信じているわけでも無いようで、「みんなに空を見上げてもらいたくて、そのネタとしてUFOを取り上げた」という発言をしている。

プロフィール(公式サイトから引用)

7月17日[ノアの箱舟トルコアララト山に漂着した日、つまり人類の始まりの日]生まれ。かに座

1960年3月中央大学法学部法律学科卒業。

同年4月日本テレビ放送網(株)入社。

日本テレビ時代は「11PM」「木曜スペシャル」などを担当し、UFO及び超能力番組のディレクターとして活躍する。

1986年日本テレビ退職。

矢追純一オフィス主宰、(財)地球環境財団理事、(株)ジェイプランナー代表取締役社長、(有)スペース・ラブ取締役

現在、地球環境問題、UFO問題を中心に、フリーのディレクター、 プロデューサーとして、テレビ、ビデオやラジオの番組制作、 及び出演で活躍中。さらに、著述、講演、レクチャー、そして取材などで世界中を奔走。

2009年8月、石川県羽咋市コスモアイル羽咋名誉館長就任。