スマートフォン用の表示で見る

矢野輝弘

スポーツ

矢野輝弘

やのあきひろ

プロ野球選手。

1968年12月6日生まれ、大阪府大阪市平野区出身、181cm83kg。ポジションは捕手。右投右打。O型

中日時代は星野仙一監督(当時)から捕手失格の烙印を押され、外野を守る事が多かった。

98年からトレードで阪神タイガースに移籍後は野村克也監督の元、捕手として大成し、監督が中日時代と同じく星野氏に代わっても正捕手の座を守った*1

2003年、打っては打率.327、14本塁打、79打点、捕手としてもシーズン通して投手陣を引っぱり、チームのセ・リーグ優勝の原動力となり、「恐怖の7番バッター」の異名を持つことになる。

2004年よりシーズンオフ限定でABCラジオ「矢野輝弘のど〜んと来い!?」のパーソナリティを務めている。

ドラフト会議で名前を「てるひろ」と読み間違えられたことがある。そのため、中日時代は星野監督から「テル」と呼ばれていた。

女性ファンが多いことでも知られる*2。また、ヒーローインタビューでは「必死のパッチ」をよく使うことでもおなじみ。

経歴

年度所属背番号備考
1984〜1986桜宮高校-甲子園出場なし。高山トモヒロと同級生
1987〜1990東北福祉大学-佐々木主浩の1年後輩
1991〜1997中日ドラゴンズ2→381990年ドラフト2位
1998〜阪神タイガース39矢野・大豊泰昭関川浩一久慈照嘉の交換トレード

リスト::野球選手

*1:実は中日ではすでに正捕手が間に合っていたため、阪神なら活躍できるだろうとトレードされたという説もある。

*2阪神ファンとして知られる水樹奈々は「好きな選手は矢野選手」と公言している