スマートフォン用の表示で見る

矢野浩三郎

読書

矢野浩三郎

やのこうざぶろう

ホラー・怪奇小説を中心とした、英米文学研究家、翻訳家。1936〜2006 福岡県生まれ。

主な訳書に、スティーブン・キングミザリー」、ケン・フォレット「大聖堂」、ジョルジュ・シムノン「モンマルトルのメグレ」など。