スマートフォン用の表示で見る

厄年

一般

厄年

やくどし

災難や障りが身に降りかかるおそれが多いので、万事に気をつけなければならないとする年齢。

男:25歳、42歳

女:19歳、33歳

(いづれも数え年)

特に男の42歳と女の33歳を大厄といい、その前後を前厄・後厄と言う。