厄払い

一般

厄払い

やくばらい

厄を払い吉に転ずるための神社でおこなわれるお祓いのこと。

神仏に祈るなどして、身についたけがれを払い落とすこと。厄落とし。


または、近世の門付け芸で、節分や大晦日(おおみそか)の夜などに、町を歩き、厄年の人の家の門口などで厄払いの祝言を唱えて豆や金銭をもらうもの。