スマートフォン用の表示で見る

柳家小満ん

アート

柳家小満ん

やなぎやこまん

落語家。昭和17年横浜生まれ。

昭和35年、東京農工大学繊維工学部に入学するが、八代目桂文楽に魅せられて大学を中退し、36年、内弟子として入門。

芸名は師が心服していた歌人吉井勇に因み、桂小勇となる。

40年二つ目に昇進。46年、桂文楽が死去し、五代目柳家小さん門下へ。48年、NHK新人落語コンクール最優秀賞受賞。50年真打昇進、三代目柳家小満ん襲名

隔月の独演会「柳家小満んの会」は30年以上継続中。