柳川一件

読書

柳川一件

やながわいっけん

江戸時代初期に対馬藩主宗義成と家老柳川調興が日本と李氏朝鮮の間で交わされた国書の偽造を巡って対立した事件。対馬宗家と家臣柳川家との御家騒動をきっかけとして、朝鮮との交渉で国書改竄の不正が暴露された事件。暴露した重臣柳川調興は流罪、日朝交渉は改革された。