スマートフォン用の表示で見る

柳沢敦

スポーツ

柳沢敦

やなぎさわあつし

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

1977年5月27日生まれ。富山県出身。身長177cm、体重75kg。

妻はモデルの小畑由香里(2003年12月結婚)。

プロフィール

1977.5.27
富山県射水郡小杉町黒河(現・射水市黒河)に生まれる
1993
全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(初戦敗退)、高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会(3位)に出場。
1994.1
全国高等学校サッカー選手権大会に出場(初戦敗退)。7月インターハイ出場(ベスト16)
1995.2
日本選抜に選出。タイ王国で行われたキングスカップ森島寛晃田坂和昭らと出場、準優勝(4試合3得点)。7月。インターハイに出場(2回戦敗退)
1996.1
全国高等学校サッカー選手権大会に出場。3回戦で優勝した静岡学園PK戦の末惜しくも敗れる。
1996.3
アトランタ五輪最終予選のメンバーに選ばれるも出場機会なし。鹿島アントラーズ入団
1996.8
Jリーグ公式戦デビュー(ジェフ市原戦)、ガンバ戦で初ゴール、以後4試合連続ゴール
1996
アジアユースメンバー、AFCアジアユース選手権で4位。ワールドユース出場を決める。
1997.6
U-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権に出場。5試合で4得点をあげてベスト8進出。
1998.2
サッカー日本代表A代表)に初選出、オーストラリア合宿へ。
1998.4
アウェイで行われた韓国との試合で国際Aマッチデビュー
1999.7
U-23五輪代表選出、一次予選を戦う。
2000.5
代表初ゴール(ハッサン2世杯、対ジャマイカ戦)
2000.9
シドニーオリンピック出場。ベスト8進出。
2002.6
FIFAワールドカップ日韓大会出場。ベスト16進出。
2003
イタリアセリエAUCサンプドリアに移籍。モデルの小畑由香里と結婚・入籍。
2004
イタリアセリエAFCメッシーナに移籍。
2006.3
鹿島アントラーズに復帰。
2006.6
FIFAワールドカップ・ドイツ大会出場。クロアチア戦で決定機を外し、試合終了後に「急にボールが来たので」と発言して物議を醸す。
2008
出場機会を求め京都サンガF.C.へ移籍。
2011
京都サンガF.C.から戦力外通告を受けベガルタ仙台に移籍。
2014
J1リーグ17シーズン連続得点のJリーグ記録を更新。同年シーズンをもって現役引退。

プレースタイルなど

ここぞという時の決定力に難はあるが、スピード豊かな”動き出し命”のFW

鈴木隆行との「史上最強FW伝説」もあるが、どちらかと言えば組んだ相手FWを活かす動きが得意。これまで組んだFWでは平瀬智行、鈴木、高原直泰久保竜彦らがいるが、鹿島時代のマジーニョとが一番フィットしていた。


リスト::サッカー選手

*1:2006.6.30まで期限付き移籍