スマートフォン用の表示で見る

柳田国男

一般

柳田国男

やなぎたくにお

1875-1962年。日本の民俗学を打ち立てた民俗学者。詩人。号柳叟。兵庫県生まれ。旧姓・松岡。

東京帝国大学法科卒業。農商務省に入る。田山花袋島崎藤村らと交友があり、叙情詩人として知られるようになる。

貴族院書記官長を経て、1920年朝日新聞の客員となり、解説委員などを勤めた。後、辞職して民俗学に専念。民間伝承の会・民俗学研究所を設立した。

遠野物語』『蝸牛考』『桃太郎の誕生』など著作多数。『定本柳田国男集』がある。

日本民俗学樹立の功績により、1951年文化勲章を受章。

柳田邦男(ノンフィクション作家)とは別人なので注意。

*リスト:リスト::学者