柳派

アート

柳派

やなぎは

初代麗々亭柳橋から端を発する落語家の一派。

江戸落語界において、初代三遊亭圓生を祖とする「三遊派」と並ぶ二大諸派の一つである。

近現代においては、実質的に五代目柳家小さん門下系列の落語家を指し、しばしば広義の「柳家」の同意語としても用いられる。

柳派」に含まれる代表的な落語家家号亭号は「柳家」、「柳亭」、「鈴々舎」、「入船亭」、「立川」などが挙げられる。

参照:柳家