スマートフォン用の表示で見る

柳美里

読書

柳美里

ゆうみり

人物

1968年6月22日、在日韓国人として神奈川県横浜市中区生まれる。本名は柳美里ヤナギ・ミリ)であり、著書「水辺のゆりかご」によると、劇団員時代に韓国名のユ・ミリと日本名ヤナギ・ミリ両方の名前で呼ばれていた柳は、演出家から「2つ名前があるのはよくない。どちらかにしろ」と言われ、自らユウ・ミリにしたいと言い、その後の執筆活動でも柳美里(ユウ・ミリ)として表記するようになる。r理由は、言葉の響きが良かったからとのこと「東京キッドブラザース」で舞台女優としてデビュー。1988年18歳で劇団「青春五月党」を旗揚し、劇作家兼演出家となる。同年8月「水の中の友」で旗揚げ公演を果たす。その後1993年「魚の祭」で第37回岸田國士戯曲賞を最年少で受賞。1996年フルハウス」で第24回泉鏡花文学賞、第18回野間文芸新人賞1997年「家族シネマ」で第116回芥川賞を受賞。著書は「水辺のゆりかご」「仮面の国」「ゴールドラッシュ」「命」「魚が見た夢」など多数。

右翼を名乗る男性からの脅迫電話によってサイン会が中止に追い込まれたり、デビュー小説「石に泳ぐ魚」のモデルになった知人女性に「プライバシー侵害である」として出版差し止めの訴訟を起こされ敗訴したり、不倫出産の顛末を描いた「命」、さらには自分の子供に対する虐待を自分のブログで公開といった事件(後述)も起こしている。

子供への虐待疑惑

http://news.livedoor.com/article/image_detail/3496628/?img_id=351665

2008年2月、自身のフォトログに、泣いている長男の顔写真とともに「子供が嘘をついたので8時間ひっぱたき、学校を休ませ、罰として朝食も昼食も与えなかった」「糞野郎ッ!」などと掲載したことにより、書き込みを見た一般人が「児童虐待ではないか」と児童相談所に通報し、児童福祉司3人(男性2名、女性1名)が柳の自宅を訪問する事態にエスカレートした。

なお、この長男こそが、既婚者である男性との間に産まれた子供であり、『命』『生』『魂』『声』の四部作の題材となっているのは周知の事実である。