柳沢伯夫 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

柳澤伯夫

やなぎさわはくお

政治家、元衆議院議員

1935年8月18日、生まれ。

静岡県出身自由民主党所属。

1961年 東京大学法学部卒、大蔵省入省。

1979年 大蔵省主税局企画官として一般消費税構想をまとめて退官、第35回衆院選に初出馬したが、自身が参画した一般消費税導入の反発を受け自民党大敗し、自身も落選。

1980年 第36回総選挙は、選挙期間中の大平総理急逝の弔いで自民党が圧勝し、自身も初当選

1998年 小渕内閣国土庁長官として初入閣。すぐに国務大臣金融再生委員会委員長に横滑り。

2000年 小泉内閣金融再生委員会委員長*1に再任したが、「日本の銀行は健全である」として公的資金の注入に反対し、経済財政政策担当大臣の竹中平蔵対立し、2001年4月に更迭された。

2006年 安倍内閣厚生労働大臣に就任。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に落選し、政界を引退。

2010年4月、城西国際大学の学長に就任。

*1中央省庁再編後は金融担当大臣