スマートフォン用の表示で見る

愉気

一般

愉気

ゆき

野口整体式の手当て療法

呼吸を深く保ちながら相手の悪そうなところに手を当てて、気を出す。

集中して行う。しかし相手を治そうなど邪気を持ってはいけない。

ポカンとしつつ集注する。

子どもの発熱時やら病気の時に行うと、何だか回復が早くなる。また、とんだことにならない。

野口晴哉岡島瑞徳の本に詳しく載っている。

野口の師匠であった松本道別の「輸気」に由来するもの。

気を輸る(送る)を、愉しい気に変えた。

なんと、愉気には丸・三角・四角があった・・・・・まあ体癖による愉気のタイプもあるということなので、その人の求めている愉気が出来るようになるのが良いのである。

amazon:野口晴哉

amazon:岡島瑞徳