スマートフォン用の表示で見る

唯円

社会

唯円

ゆいえん

 親鸞晩年の弟子。師の死後、教えを誤って伝える弟子が多くて、「違うことを嘆く」=「歎異抄」を書いたとされる。