スマートフォン用の表示で見る

有森裕子

スポーツ

有森裕子

ありもりゆうこ

有森裕子は、元陸上競技選手(マラソン)、陸上競技解説者、日本陸上競技連盟理事スペシャルオリンピックス日本理事長、現日本体育大学客員教授国際陸上競技連盟女性委員会委員、国連人口基金親善大使など。

1966年12月17日生まれ、岡山県岡山市出身。

就実高校日本体育大学卒業。

リクルート所属時代の1991年世界陸上東京大会でフルマラソン4位。翌92年のバルセロナオリンピックでは銀メダルを獲得。4年後のアトランタオリンピックでも銅メダルを獲得し、「今日だけは自分を褒めてやりたい」の名科白を残した。

陸上競技選手のプロ化などにも積極的に活動し、間違い無く2004年現在世界最強の日本女子マラソン界の、礎を築いた一人。

2007年東京マラソンを最後に競技生活から引退を表明。

スポーツNGO「ハート・オブ・ゴールド」代表。

2014年1月16日、Jリーグ役員選考委員会と臨時理事会で、2014年シーズンよりJリーグ理事となることが承認された。

受賞

国内

海外