スマートフォン用の表示で見る

有馬新七

一般

有馬新七

ありましんしち

有馬新七(ありま しんしち、文政8年11月4日(1825年12月13日) - 文久2年4月23日(1862年5月21日))は、幕末尊攘派志士。諱は正義。号は武麿、植鈴子。

真影流(直心影流)と朱子学に長じ、文武両道の俊傑とうたわれた。


略歴

薩摩藩伊集院郷の郷士・坂木四郎兵衛の子として生まれるが、父が城下士の有馬家の養子となったため、新七もそのまま城下士となった。 天保14年(1843年)より江戸で学ぶ。 安政4年(1857年)には薩摩藩邸学問所教授に就任。尊皇攘夷派の志士達と多く交流して水戸藩とともに井伊直弼暗殺(桜田門外の変)を謀ったが、自藩の同意を得られなかったため手を退き、結果的に水戸藩を裏切る形となった。 その後も過激な尊皇攘夷活動を続け、同志達と共に寺田屋に集っていたところを、同じ薩摩藩士らによって粛清された(寺田屋事件)。この際、刀が折れて刺客の道島五郎兵衛と組み合いになり、助太刀に入った橋口吉之丞に「おいごと刺せーー!」(俺ごと刺せ)と叫んだとされている。享年38。1891年(明治24年)12月17日、明治政府より贈従四位