有馬晴信

社会

有馬晴信

ありまはるのぶ

1567年〜1612年

日本の戦国時代から江戸時代初期にかけての大名。肥前国日野江藩初代藩主有馬義貞次男

キリシタン大名として知られ、ドン・プロタジオと呼ばれた。岡本大八事件甲斐国に流され斬首された。