涌井紀夫

社会

涌井紀夫

わくいのりお

最高裁判所最高裁判事

1942年(昭和17年)2月11日、生まれ。2009年(平成21年)12月17日、死去。

略歴

神戸市に生まれる。市内の六甲高等学校を経て、京都大学法学部を卒業

昭和39年4月
司法修習生
昭和41年4月
判事補に任官
以後、
東京地裁刑事部及び民事部、旭川家裁旭川家庭裁判所)、最高裁刑事局に勤務
昭和51年4月
判事に任官
以後、
東京地裁裁判長東京高裁の陪席裁判官及び裁判長最高裁の上席調査官として、各審級の民事裁判を担当
また、最高裁行政局及び人事局の課長、総務局長、前橋地裁所長として司法行政事務を、さらに、司法研修所長として法曹養成教育を担当
平成14年9月
高裁長官に任命され、福岡高裁及び大阪高裁に勤務
平成18年10月
最高裁判所判事


出典:最高裁判所 裁判官国民審査 審査広報(平成21年8月30日執行)