スマートフォン用の表示で見る

誘導放出

サイエンス

誘導放出

ゆうどうほうしゅつ
  • エネルギーの高い状態にある原子や分子は自然に余分なエネルギーを光として吐き出して低いエネルギー準位に落ちる。これが「自然放出」であり、反対に適当な波長の光を当てて原子や分子を刺激して、エネルギーの高い状態から低い状態へ意図的に跳び移らせることも出来る。
  • 光子はボーズ粒子という種類で、同じ状態に複数の粒子が集まることができる。同じ状態に集まってしまうと互いに区別できなくなってしまう。そのあたりの、場合の数の勘定が古典粒子と違うという性質が原因で、すでに多くの粒子が集まっている状態に光子が放出されやすいと言う傾向がでてくる。これを「誘導放出」という。