遊撃隊

社会

遊撃隊

ゆうげきたい

遊撃隊(ゆうげきたい)

江戸時代終わりの軍隊の1つで、1863年に下関で外国船の砲撃に参加した来島又兵衛がつくりました。藩内の戦いや第2次長州征伐・戊辰戦争などで活躍し、明治維新に貢献しましたが、維新後の軍隊リストラに反対し、脱退騒動に加わっています。