夕張

若若茖

2篁

一般

夕張

ゆうばり

大日本帝國海軍二等巡洋艦同型艦はない。

大正6年度計画、大正12年竣工、昭和19年戦没・除籍。

 大正6年度計画の5,500t型9隻のうち1隻(予定艦名「綾瀬」)の計画を変更し、一隻だけ建造された特異な存在の艦である。

 建造費低減のために、5,500t型と同等の武装をより小型の船体に施す事を目的として試験的に建造されたと言われている。一般に平賀譲のアイディアだと言われているが、構想は藤本喜久雄であり、それに全面的に賛成したのが平賀譲である。

 造船・造機はおろか、用兵からの疑念の声を持たれて完成したその姿は、連装と単装を混載して中心線上に配置した主砲や、やはり中心線配備の魚雷発射管、傾斜させた誘導煙突をふくむ上部構造配置など斬新なものであり、各国の注目を浴びるに十分な存在であった。

 小型にまとめられたこの艦は、建造時の性能こそ優秀であったものの、小型に過ぎた為、その後の改装の余地がなかったことも事実である。「戦闘に従事する軍艦」としての実用性はともかく、実験艦としては成功作であろう。


 要目(新造時)

・基準排水量:2,890t

垂線間長:132.9m

・幅:12.0m

・平均喫水:3.6m

・主機:パーソンズ式ギヤード・タービン3基3軸

・主罐:ロ号艦本式水管罐(重油専焼)8基

・出力:57,900HP

・速力:35.5knt

・航続力:5,000浬/14knt

・兵装:14サンチ連装砲・単装砲各2基

    8サンチ単装高角砲1基

    61サンチ魚雷発射管連装2基(魚雷8本)

    一号機雷48個

・乗員:328名

地理

夕張

ゆうばり

地名

北海道夕張市

北海道のほぼ中央、空知地方の南部に位置。

明治以来「炭鉱の街」として栄えますが、昭和40年代に入って次々閉山。

最近では『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』を開催し、「映画の街」として有名?である。

かつては夕張ベアフットと言うサッカークラブもあったが、札幌へ移転。

北海道夕張郡

夕張市の西側にある郡。栗山町由仁町長沼町が属する。

駅名

JR石勝線の駅。