スマートフォン用の表示で見る

与那城ジョージ

スポーツ

与那城ジョージ

よなしろじょーじ

サッカー選手、サッカー指導者。本名「与那城ジョルジ」。

現役時代のポジションはミッドフィルダー

1950年11月28日生まれ。ブラジルサンパウロ出身の日系二世。

日系人リーグ、グレミオ・レクラチーボ・トウキョで活躍。

1972年に来日し、読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)に入団。ミスター読売と呼ばれた。

また、後輩であるラモス瑠偉読売クラブに紹介した。

1985年日本国籍を取得し、「ジョージ与那城」から改名。サッカー日本代表としてFIFAワールドカップメキシコ大会予選に出場。

同年引退。

1986年、読売クラブ監督に就任し、リーグ、天皇杯など3回の優勝、1987年にはアジアクラブ選手権優勝に導く。

2004年2月、両親の故郷である沖縄で発足されたFC琉球の監督に就任。2006年、契約満了により退任。

2007年、ニューウェーブ北九州(現・ギラヴァンツ北九州)の監督に就任。2009年、クラブをJリーグ昇格へと導いた。2010年シーズンは、J2で33試合連続未勝利のワースト記録を喫するなど、わずか1勝を挙げたのみで最下位に終わり、この年限りで監督を退任した。後任監督は三浦泰年