スマートフォン用の表示で見る

妖怪道中記

ゲーム

妖怪道中記

ようかいどうちゅうき

ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)のアクションゲーム

1987年4月、アーケードゲームとしてリリースされた。

1988年2月5日にPCエンジン版、1988年6月24日にはファミリーコンピュータ版が発売された。

WiiバーチャルコンソールPCエンジン版とアーケード版、Wii Uバーチャルコンソールファミコン版が配信されている

ゲーム内容

サイドビューのアクションゲーム。道中の様々な行動によって、エンディングが変化するマルチエンディングを採用。

地獄に落ちてしまった主人公の少年「たろすけ」は、閻魔大王の元を目指して地獄巡りの旅をする。

このゲームを有利に進めるために必要なのは、敵の妖怪を倒した時に手に入る「お金」。アイテムを買う以外にも、要所要所でお金が必要になる。

まさに「地獄の沙汰も金次第」。