用不用説

サイエンス

用不用説

ようふようせつ

進化論の一つ

ラマルクによって提唱され、進化の推進力を説明しようとするものである。よく用いる器官は発達し、そうでない器官は萎縮退化することで進化が起こったとする考え。

動物がその生活の中でよく使う器官は、次第に発達する。逆に、はじめから存在する器官であっても、その生活の中で使われなければ、次第に衰え、機能を失う。そこで、彼はこのようにして生涯の間に身につけた形質が、子孫に伝わるのだと考えたのである。野外では、多くの動物は一定の環境下で何千、何万年にもわたって世代を繰り返すため、世代ごとの蓄積は少しであっても、それが続くことで次第に大きな変化となると考えた。

キリンの首が長くなった例として用いられる。

しかし、生物が誕生後に獲得する形質の遺伝の可否については、多くの問題点が指摘されている。