スマートフォン用の表示で見る

羊羹

羊羹

ようかん

餡を寒天で棒状に固めた和菓子。1棹、2棹と数える。

もともとは現在の蒸羊羹であったが、江戸時代寒天の製法が発明され、以降煉羊羹が主流となった。

初めて煉羊羹を作ったとされる駿河屋や、とらやの「夜の梅」が有名。