踊念仏

一般

踊念仏

おどりねんぶつ

踊念仏とは、太鼓・鉦(かね)などを打ち鳴らし、踊りながら念仏・和讃を唱えること。平安時代中期に空也上人が踊りながら念仏を広めたことに起源があるとされる。