養護学校

一般

養護学校

ようごがっこう

知的障害児・肢体不自由児・病弱児・虚弱児などに対し普通学校に準じた教育を行い、また、障害による困難を克服するために必要な知識・技能などを養うことを目的とする学校。

中等部・高等部に分かれた形で設置されている学校もあったが、 1990年代までは職業訓練や機能訓練に重きが置かれ、大学進学を選ぶ生徒は極めて少なかった。

後に特別支援学校と名称が変更。