スマートフォン用の表示で見る

養老町

地理

養老町

ようろうちょう

岐阜県西部にある町・地方公共団体

養老郡に属している。養老の滝などで有名。

奈良時代養老天皇が親孝行な子供の話を聞いて若返りの滝の水を知り、元号を「養老」としたのが町名の由来である。農業が盛んで飛騨地方の特産である飛騨牛の産地の1つでもある。

1954年に高田町、養老村、広幡村、上多度村、池辺村、笠郷村、小畑村、多芸村、日吉村、合原村室原地区が合併して発足した。