スマートフォン用の表示で見る

浴衣

一般

浴衣

ゆかた

夏向きの和服の一種。

下着である長襦袢を着用せず、スリップ肌襦袢の上に身に着る。着つけも比較的簡単である。

主に薄い木綿地を使用し、風通しがよい作りになっている。暑い季節用の略装であるため、正式な場で着用することはできない。



現代の浴衣

和装が珍しい現代においては、和服の略装としての観念は薄く、夏のイベント(祭り、花火大会など)向きのコスプレのような感覚で着用する人が多くなった。

最近では、キャラクター柄やミニ丈など、形、素材、色、柄が現代風にアレンジされたものが増えた。和装用品店だけでなく、アパレルメーカー量販店の取り扱いが増え、流通量が伸びている。

着付けサービス

浴衣購入者に対して、着付け講座や着付けの無料サービスを行う百貨店が増えている。