淀君 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

淀殿

よどどの

戦国時代江戸時代初期の女性(1569年?〜1615年)。

名は茶々。呼称は、淀の女房・二の丸殿・西の丸殿、等々で、いずれも居所に拠ったもの。

現在は「淀殿」と呼び習わすのが一般的*1


浅井長政の長女で、母はお市の方

浅井三姉妹」の長女として知られる。次女の常高院(初)は京極高次正室、三女の崇源院(江)は徳川秀忠正室。


豊臣秀吉の妻*2となり、鶴松と豊臣秀頼(拾)を産んだ*3

慶長二十年(1615)、大坂夏の陣に敗れ、大坂城山里曲輪にて秀頼とともに自害。

*1:当時の記録で「淀殿」とするものは見つかっていない。

*2側室とするのが一般的だが、正妻であったとする新説が呈示された。(福田千鶴淀殿―われ太閤の妻となりて (ミネルヴァ日本評伝選)』)

*3秀吉には他にも数多の妻妾がいるにもかかわらず、子をなしたのが淀殿のみであったことから、淀殿が他の男と密通したのではないか、という俗説が巷間に伝わる。相手とされる人物は、石田三成・大野治長・名古屋山三郎など様々。