スマートフォン用の表示で見る

来生たかお

音楽

来生たかお

きすぎたかお

作曲家

高校時代、ビートルズの影響でバンドを作り、作曲も始める。

実姉・来生えつことのコンビもこの頃から。

井上陽水のバックミュージシャンなどを経て、

1973年に「酔いどれポルカ」で作曲家デビュー、

続いて1976年に「浅い夢」で歌手としてもデビューを果たす。

「夢の途中」(EP:81.11.1)が同時期に薬師丸ひろ子によって歌われた同曲

(タイトルは「セーラー服と機関銃」、歌詞は微妙に違う)と共に大ヒット。

作曲家としても歌手としてもその名を不動のものとする。

今なお、シンガーソングライターとして数多くのアルバムを発売しているが、

その全ては実姉とのコンビによる作品である。