スマートフォン用の表示で見る

頼母子講

社会

頼母子講

たのもしこう

日本の鎌倉時代から江戸時代にかけて流行した金銭の融通を目的とする民間互助組織。頼母子や無尽講とも。構成員が一定の期日に一定額の掛け金をし、くじや入札によって所定の金額の融通を受け、それが構成員全員にいき渡るまで行われた。