絡繰茶々丸

マンガ

絡繰茶々丸

からくりちゃちゃまる

春日美空釘宮円

魔法先生ネギま!」に登場する、麻帆良学園中等部2-A(3-A)出席番号10番のクラスメイト。

茶々丸

見たまんまのロボットだが普通に通学している(ロボットだと気付いていない同級生も多かった)。

開発者である、麻帆良大学工学部ロボット工学研究会の葉加瀬聡美メンテナンスしている。

デザインコンセプトは球体関節で動くお茶汲み人形。動力部分には魔法の力を使用しているが、他は全て聡美と工学部による科学の産物である(AIシステムの基礎はMITのものを継承)。

どんぶりを2mの高さまで両手に積んでハイヒールを履いた状態で足をひっかけられても転ばないオートバランスシステムを搭載、格闘能力は達人クラス。重火器を装備できる他、ロケットアーム、レーザーなどの兵装を備える。ジェット推進による飛行が可能。

ストレートロングの毛髪は放熱を兼ねているため、束ねてしまうとオーバーヒートの危険性がある。

エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル魔法使いの従者ミニステル・マギアーティファクトは所有していないようだ。

エヴァをマスターと呼んで忠誠を尽くしている他、聡美に対しても従うようにプログラムされている(が、自分でプログラムの優先順位を書き換えられるように成長した)。

ネギ先生に好意を抱いているらしいが、人工知能ゆえ詳細は不明。

とりあえずわかったことはネギ先生の写真をTIFFフォーマットで保存し御丁寧にフォルダ分けして保存。最近は、顔を赤らめたり泣いたりドモったりできるようにもなった。

こういった茶々丸の人間らしさは、赤松健の前々作「A・Iが止まらない!」に登場した、感情を持つAIと同種のシステムを採用していることに由来すると考えられている。*1

人気投票では11位→19位→18位→10位→9位→17位。

CV渡辺明乃

プロフィール

  • 生年月日:2001年1月3日完成、同年4月1日起動
  • 動力: ゼンマイ式(完成当初は外部電源)
  • 好きな物: ゼンマイを巻いてもらうこと、お茶汲み
  • 嫌いな物: 特に・・・・
  • 所属: 囲碁部、茶道部

*1:「A・Iが止まらない!」の主人公は物語の最後でMITに留学しており、ネギま!の作中でも「MITの天才日本人」の存在を臭わせる台詞があった