乱れ雪月花

ゲーム

乱れ雪月花

みだれせつげつか

サガシリーズに登場する代表的な剣技のひとつ。

 

ロマンシング サ・ガ2』で最強クラスの大剣技として初登場した。つばめ返しや逆風の太刀など、和風の技から派生する事で閃く事が多い。大剣の攻撃力も相まって使用率が高く、『ロマンシング サ・ガ2』では武器開発によって作れる最強の大剣「クロスクレイモア」と、この技を組み合わせたお手軽パーティーが多々見られた。

 

ロマンシング サ・ガ3』の攻略本(基礎知識編)より技の解説を抜粋。

雪月花の3つの呼吸で敵に詰め寄っていく3段攻撃。雪のように静かに斬り下ろし、三日月のように弓なりに斬りつけ、花を舞い散らせるがごとく、華麗に胴を払う。その攻撃は恐ろしくも美しい。

 

サガ フロンティア』では刀技を「風雪即意付け」(雪)、「月影の太刀」(月)、「三花仙」(花)の順に連携させることで発動する。(順番が違うとただの連携技になるため、発動させるためには運も必要となる) 名前が変化するだけなので本来のダメージが上昇するなどの要素はないが、三連携自体が強力な攻撃なので一万を越えるダメージを与えることも珍しくない。

 

ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』では刀技「月影の太刀」の無足・加撃で発生。通常の「月影の太刀」が1回攻撃なのに対し、こちらは3回攻撃を仕掛ける。また、発生する確率は200回に1回あるか無いかである。

(参考文献・『ロマンシング サガ ~ミンストレルソング~ アルティマニア (SE-MOOK)』)