嵐山本線

地理

嵐山本線

あらしやまほんせん

京福電気鉄道の路線。四条大宮嵐山間 7.2km。

京都市民には、北野線と併せて「嵐電」として親しまれ、むしろ「京福電鉄」とか「嵐山本線」「嵐山線」と呼ばれることのほうが少ない。2006年(平成18年)からは「嵐電」が公式な略称となっており、駅名にも採用されている。

西大路三条‐山ノ内間・蚕ノ社付近・太秦広隆寺付近は併用軌道(路面電車)である。

通常1両編成ワンマンで運行され、四条大宮・帷子ノ辻・蚕ノ社以外の駅では車内の運賃箱で運賃収受を行う。

2007年(平成19年)3月19日に、三条口駅を西大路三条駅、太秦駅を太秦広隆寺駅、車折駅を車折神社駅、嵯峨駅前駅を嵐電嵯峨駅とそれぞれ改称した上で、北野線とあわせて駅ナンバリングを導入した。

2008年(平成20年)1月16日に、京都市営地下鉄東西線二条駅 - 太秦天神川駅間が延伸開業し、2008年3月28日に同線太秦天神川駅との乗り換え駅として蚕ノ社 - 山ノ内間に嵐電天神川駅が設置された。

駅と接続路線

番号駅名よみ
“えき”は略
接続路線
A1四条大宮駅しじょうおおみや阪急京都線(阪急大宮駅
A3西院駅さい阪急京都線(西院駅
A4西大路三条駅にしおおじさんじょう  -
A5山ノ内駅やまのうち  -
A6嵐電天神川駅らんでんてんじんがわ京都市営地下鉄東西線太秦天神川駅
A7蚕ノ社駅かいこのやしろ  -
A8太秦広隆寺駅うずまさこうりゅうじ  -
A9帷子ノ辻駅かたびらのつじ北野線
JR嵯峨野線太秦駅
A10有栖川駅ありすがわ  -
A11車折神社駅くるまざきじんじゃ  -
A12鹿王院駅ろくおういん  -
A13嵐電嵯峨駅らんでんさがJR嵯峨野線嵯峨嵐山駅
嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅
A14嵐山駅あらしやま  -


○ リスト:リスト::鉄道路線