利尻

地理

利尻

りしり
  1. 利尻島利尻礼文サロベツ国立公園
  2. かつて札幌稚内間で運転されていた特急列車(夜行列車)。キハ183系気動車(座席車)と14系客車(寝台車)の混合編成により、一日1往復運転。後述する。

利尻

かつては、永く「急行列車」として運転されていた。座席車・寝台車ともに14系客車を使用していた*1が、1991年に座席車を気動車化し、キハ400系気動車に14系寝台車を挟み込む変則的な編成となる。

1996年夏には、函館本線深川旭川間のトンネル工事の関係で下り列車は滝川旭川間を根室本線富良野線経由で異例の迂回運転深川駅利用者は代行バスで対応した)。その際、富良野駅で臨時に客扱いが行われた。また、経路の関係で富良野駅旭川駅構内*2で延べ二度のスイッチバックが行われた。

2000年、特急スーパー宗谷」「サロベツ」誕生とともに特急列車に格上げされ、座席車はキハ183系気動車に置き換えられたが、列車の愛称名は従来の「利尻」がそのまま引き継がれ、14系寝台車との混結についても従来通り残された。

札幌発の下り列車は、当時、旭川方面への最終の優等列車だったため、岩見沢旭川方面の区間利用者が多かった(同様に旭川発、札幌方面への優等列車の始発でもあった)。また、下り列車が翌朝到着する稚内では利尻島礼文島へ向かう東日本海フェリーに接続。ただ、終着駅到着時刻を調整する関係で、同じ区間を昼間に運行する特急スーパー宗谷」「サロベツ」よりも時間をかけて運転していた。

都市間バスとの競合などの影響もあり、2006年3月18日のJRグループダイヤ改正をもって、惜しまれつつ夏季のみ運転の季節列車「はなたび利尻」号として格下げ。ただし、この改正では、前述の通り札幌旭川間の区間利用者に配慮して、L特急スーパーホワイトアロー」の札幌発最終列車を、現在の「利尻」の札幌駅発とほぼ同じ夜23時過ぎに繰り下げ。旭川発のL特急の一番列車についても、従来の朝6時20分発「スーパーホワイトアロー」の前に、さらに朝5時30分発の「ライラック」を新設して*3札幌駅への早朝到着列車を確保する。

現在は臨時列車扱いとされ、定期運行は行っていない。

「はなたび利尻」号

夏季限定札幌稚内間を結ぶ臨時特急列車(夜行列車)。

2006年夏季は6月・9月は週末(金曜・土曜・休日)、7月・8月は毎日運転する。

従来の「利尻」同様、B寝台車と普通車指定席*4・普通車自由席を連結。時刻はほぼ、かつての「利尻」のダイヤを引き継いでいるが、従来まで停車していた江別美唄・砂川は通過。稚内ではこれまで通り利尻島礼文島方面の東日本海フェリーに接続する。

2007年夏期についても2006年夏期同様引き続き運行されたが、2008年夏期シーズン以降は運行されないことが決まった。

*1:14系客車編成により運転されていた当時は、終着駅に到着後にそのまま折り返して昼行急行に間合い使用。その際、寝台車については解放せず、そのまま「座席車」扱いとしていた。

*2旭川駅では、いったん富良野線ホームを通過した上で、駅構内の札幌方の中線上でスイッチバック。本来の正規ダイヤ上で入線する同駅1番ホームに入ってから客扱いを行った。

*3:現在は、札幌から新千歳空港函館釧路方面の乗り継ぎ列車に間に合うよう、朝5時20分発に繰り上げられている。

*4:期間によっては「お座敷車両」も連結され、この車両では横になることができるが、利用できる区間札幌南稚内稚内間に限られる。