スマートフォン用の表示で見る

吏党

社会

吏党

りとう

日本の明治時代中期の初期帝国議会における政府寄りの姿勢を示した政党を指す言葉。主に自由民権運動の流れをくむ民権派政党民党)が別称として用いていた。当事者は「温和派」と称していた。