李健熙

社会

李健熙

いごんひ

(イ・ゴンヒ?、1942年1月9日 - )

大韓民国の実業家。サムスン電子の会長。サムスングループ創業した李秉竽?の三男。慶尚南道宜寧郡出身。

略歴

2008年1月、自宅とサムスン本社が借名口座による政界や法曹界への不正資金提供疑惑で韓国当局から強制捜査を受ける。同年4月22日、借名口座による1000億ウォン台の脱税疑惑に関するサムスングループに対する韓国特別検察官の捜査が終結したのを機に経営刷新案を発表、自らも辞任した。これによりサムスングループの3代目の会長にはイ・スビンが選ばれた。この件で贈与税を回避する形でサムスングループ株式無償受領したという疑いを受けた長男の李在鎔も最高顧客責任者(CCO、Chief Customer Officer)の役職から退いた。同年7月16日のソウル地裁判決で、李健熙は譲渡所得税456億円の脱税容疑で懲役3年執行猶予5年、罰金1100億ウォンを宣告された(11年ぶり2度目)。

2009年、ソウル高等裁判所判決により脱税株式市場での違法行為、背任行為に対して有罪判決を宣告される(1年ぶり3度目)。

2009年12月29日、李明博平昌オリンピック招致のために健煕を恩赦することを発表した。2010年3月24日、サムスン電子会長として経営復帰した。