スマートフォン用の表示で見る

李承晩ライン

地理

李承晩ライン

りしょうばんらいん

1952年1月18日、占領下から日本の独立が発効する直前に、李承晩大統領に率いられる韓国が海洋主権宣言なりとして一方的に設定した漁船立入禁止線のこと。国際的には認められていなかった。1965年の日韓漁業協定の成立によって廃止された。協定が成立するまでの13年間にこのライン近くで操業していた日本側の漁船などは拿捕されたり銃撃されたりした。韓国によって不当に抑留された日本人は3929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた。

李承晩ラインはその中に竹島を含んでおり、1965年の廃止後も竹島は放さなかった。竹島において韓国は漁業権を理由に警備隊を上陸・常駐させ、さらには領土権へと主張を拡大させ。李承晩ラインは今日の竹島問題の端緒となった。