スマートフォン用の表示で見る

梨田昌孝

スポーツ

梨田昌孝

なしだまさたか

梨田昌孝は日本の元プロ野球選手・解説者。現東北楽天ゴールデンイーグルス監督。トゥルーマサ所属。

1953年8月24日生まれ。島根県浜田市出身。血液型はA型。

右投右打、ポジションは捕手背番号は52→8→73→99番。

浜田高校から1972年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。登録名は「梨田昌崇」。選手時代の愛称は「エイトマン」。

体をくねらせる独特の打撃フォームで、「コンニャク打法」と呼ばれた。

1974年、背番号を8に変更。

1976年、正捕手となる。甘いマスクで人気を博し、もう一人の捕手である有田修三と比較された。

1979年1980年パ・リーグ連覇に貢献。

1984年、現在の「梨田昌孝」に登録名を変更。

1985年大阪府藤井寺市に新居を建築しようとした際に遺跡が発見された。「はさみ山遺跡梨田地点」(はさみやまいせき-なしだちてん)と命名されている。*1

1988年、10.19ダブルヘッダー第1戦での適時打を花道に、現役引退。

1996年、二軍監督に就任。

2000年、大阪近鉄バファローズ最後の監督に就任。

2001年、持ち前の攻撃力でパ・リーグ優勝に輝く。日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗でで敗れた。

2004年、合併による球団消滅により、監督を辞任。球団合併の際、最後の試合前に選手に向けて言った言葉は、名言として残っている。

「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズ永久欠番だ」

2005年、オリックス・バファローズヘッドコーチ就任を拒否。NHK野球解説者を務める。また、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手としても活躍。

2008年、北海道日本ハムファイターズの2代目監督に就任。

2009年、リーグ優勝を果たすも、自身の宿願である初の日本シリーズ制覇をセ・リーグ優勝の読売ジャイアンツに阻まれてしまう。翌2010年は1ゲーム差千葉ロッテマリーンズに3位を奪われ、4位でシーズンを終える。

2011年、シーズン途中にして、遠征先の東京ドームで緊急記者会見を開き、監督退任を発表した。クライマックスシリーズに出場するも西武との試合に負け、2位に終わる。ファンフェスタ2011では、次期監督の栗山英樹との監督交代セレモニーは行われなかった。

2012年、NHKプロ野球解説者、日刊スポーツ野球評論家。

2013年、WBC日本代表野手総合コーチ。

2016年東北楽天ゴールデンイーグルス監督

プロ野球生涯成績

出場1,323試合、3,444打数874安打、113本塁打打率.254。

獲得タイトル等

著作

梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官

梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官

*1:この遺跡は、これまでのところ、大阪に人々が住んでいた最古の遺跡であるとされる。