裏口上場

一般

裏口上場

うらぐちじょうじょう

正規の手続を踏まない(上場審査を受けない)で株式上場を果たすこと。

A社(非上場)がB社(上場)を吸収合併する場合、株式流動性を確保する観点から株式上場は認められるものの、A社そのものが上場を認められるべき会社かという審査が行われないままとなっていることから、通常こうしたケースの場合は、正式な審査が終わるまでの間は「管理銘柄」となって、投資家に注意を喚起する形が取られる。

不正行為を意図しない場合においても、形式上審査対象となる企業も存在する。

(例)