裏中二病

一般

裏中二病

うらちゅうにびょう

意味

中二病に罹患したクラスメイトを嫌悪するあまり、中二病的な行動を一切拒絶するようになる一種の病気。「中二病を過剰に意識(嫌悪)するあまり、行動が起こせなくなる病」とも表現される。

患者の心理の根底には、「他人の眼を気にしない俺、カコイイ(´ー`)y-~~」という、裏返った自意識過剰が存在する。しかしこれに罹患したままだと、健全な大人になることが事実上不可能になるので、ただの中二病よりよっぽど悪質かもしれない。

症例

1. 中二病を過剰に意識するがゆえに、洋楽に手を出せない

2. 中二病を過剰に意識するがゆえに、コーヒーが飲めない

3. 中二病を過剰に意識するがゆえに、やさぐれられない

4. 中二病を過剰に意識するがゆえに、午前2時前に必ず就寝

9. 中二病を過剰に意識するがゆえに、サラリーマンを目指してしまう

11.中二病を過剰に意識するがゆえに、因数分解に必死

12.中二病を過剰に意識するがゆえに、大人に従順

14.中二病を過剰に意識するがゆえに、本当の親友ができない

16.中二病を過剰に意識するがゆえに、自室のオナニー現場にお母さん登場

20.中二病を過剰に意識するがゆえに、洋服はそのままな上にジェルも使えない

24.中二病を過剰に意識するがゆえに、「ジャンプなんてもう卒業じゃん?」と思いつつも卒業不能

26.中二病を過剰に意識するがゆえに、エロビデオも買えずに欲求不満

34.中二病を過剰に意識するがゆえに、プラモデルプロ野球カードが捨てられない

39.中二病を過剰に意識するがゆえに、家族を平然と友人に公開し、おまえの母ちゃんでべそ

他に、「中二病を過剰に意識するがゆえに、ファッションに手を出せない」等。