スマートフォン用の表示で見る

里見の謎

ゲーム

里見の謎

さとみのなぞ

サンテックジャパンのデビュー作にしてその名前を(一部に)強烈にアピールした問題作

SFCどころかFCレベルのグラフィック、成長バランスが悪すぎる「なりわい」システム、声優が島ひろこと犬、破綻したシナリオと電波なキャラと電波プロデューサー、と一般的にクソゲーと呼ばれる要素を寄せ集めて作ったような作品。

しかし、実のところ、上下スクロールしか無いP.M.L.S.*1次世代機に於けるRPGでは標準となりつつあるし、D.C.B.S.*2・F.E.C.S.*3による恐ろしくスピード感のある戦闘、そしてなにより「本当に終わったのか?」と不安になるほど速いセーブ速度はストレスとは無縁の世界で、ゲームそのものよりも待っている時間の方が長い大作RPGへのアンチテーゼであったのかもしれない‥‥。

多分気のせいですが。

発売日:1996/12/06

ハード:プレイステーション

メーカ:サンテックジャパン

ジャンル:PRG

*1プログレッシブマップリンクシステム=マップが上下にしか繋がってない

*2:ダイレクトコマンドバトルシステム=ボタン一発で即殺れます

*3:フラッシュエンカウントコントロールシステム=メモリにマップと敵キャラを置いておく