立ち去り型サボタージュ

一般

立ち去り型サボタージュ

たちさりがたさぼたーじゅ

医療現場での過酷な労働条件と過大な責任、患者からのクレームによって労働意欲を失い、医師看護師医療機関を離れることを指す。怠業を意味するサボタージュという言葉をもちいて、これまで労働基準法以下の過酷な環境にあってもそれに抗議することなく今日まできたものの、最近の医療従事者の離職には現状にたいする抗議の意味が付与されているとして、小松秀樹医師虎ノ門病院)が命名した。