立山黒部アルペンルート

地理

立山黒部アルペンルート

たてやまくろべあるぺんるーと

富山県長野県とを結ぶ交通路。北アルプス立山連峰を貫通し、黒部ダムなどを眺める景勝地を通る。

立山から室堂までは立山登山の便を図る為に作られたが、室堂から先は黒部ダム建設の資材運搬の為に建設され、ダム完成後、一般の旅客にも開放された。

登山道を除けば富山県長野県とを直接結ぶ唯一の交通路である。しかし、自然保護の観点などから運賃が高目に設定されていることや、多数の乗物を乗り継がなければならないことから富山長野間の移動自体を目的として用いられることは少く、乗客の大半は観光客である。

なお、当初は全線道路を開通させる計画で整備が進められたが、自然環境の厳しさに計画変更を余儀なくされ現在の形態に至る。

立山黒部アルペンルートは以下の交通機関から構成される。

電鉄富山立山
富山地方鉄道本線・立山線
立山美女平
立山黒部貫光鋼索線立山ケーブルカー
美女平室堂
立山黒部貫光立山高原バス
室堂大観峰
立山黒部貫光無軌条電車線(立山トンネルトロリーバス
大観峰黒部平
立山黒部貫光立山ロープウェイ
黒部平黒部湖
立山黒部貫光鋼索線黒部ケーブルカー
黒部湖黒部ダム
黒部ダム堰堤上を徒歩
黒部ダム扇沢
関西電力関電トンネルトロリーバス
扇沢信濃大町
路線バス