立春大吉

一般

立春大吉

りっしゅんだいきち

立春の日の早朝、禅寺の門前に張り出される文字。意味的には謹賀新年に近い。例年、年賀状に「新春のお慶び」などと書く「新春」は、天体の動きとしては、まさにこの朝、始まる。新暦の正月元旦には、こうした天体のドラマは何もない。寒中見舞も出すことができなかった場合に重宝するのが余寒見舞だが、この見舞い状の文言にも使えるだろう。