立川直樹

アート

立川直樹

たちかわなおき

1949年東京都生まれ。

'60年代後半からメディアの交流をテーマに音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルで活躍するプロデューサーでありディレクターである。

ボリス・ヴィアンに憧れたという昔から今に至るまでとにかく多才な人であるが、表に名前の出た代表的な仕事としては『マルサの女』以降の故伊丹十三監督作品、候孝賢監督の『悲情城市』、チャン・イーモウ監督の『紅夢』などの映画の音楽プロデュース/音楽監督と森永博志との共著による『シャングリラ予言』、『続・シャングリラ予言』ということになるのだろうか・・・。

桐朋学園芸術短期大学教授

立川直樹オフィシャルサイト/TACHIKAWANAOKI.COM

http://www.tachikawanaoki.com/