スマートフォン用の表示で見る

立体視

一般

立体視

りったいし

平面に描かれた模様や写真を見て、立体の映像を見いだすこと。

赤と青のセロハンが張られたメガネや偏光メガネなどを使って立体映像を見る方法もあるが、「立体視」とは一般的に、裸眼やごく簡単な器具を使って立体映像を見ることを指す。

立体視できる図像のことをステレオグラムという。

裸眼による立体視の方法には、遠くを見るようにする「平行法」と、寄り目で見る「交差法」がある。いずれの方法も、多少の訓練が必要。


近年では視力回復効果が注目され、ステレオグラムに関連した書籍が多数出版されている。